8月下旬に日本輸入元のMVPEN社からのプレゼントで7inch androidタブレットのEFUN nextbook PREMIUM7を頂きました。その開封の儀の写真や2週間ほどの使用感を簡単にご報告。

帰宅したらEFUN nextbook PREMIUM8が届いていた。

帰宅したらEFUN nextbook PREMIUM8が届いていた。

 

内箱を取り出す

内箱を取り出す

中はこんな感じ。とてもシンプルな内容。

中はこんな感じ。とてもシンプルな内容。

初代iPadを常用していた身にはとても軽く、サイズも手ごろ。本当に7インチのタブレット「ナナタブ」はちょうどいいサイズ。

初代iPadを常用していた身にはとても軽く、サイズも手ごろ。本当に7インチのタブレット「ナナタブ」はちょうどいいサイズ。

サンワサプライの7インチタブレット用カバーを使って携帯しています。軽くてうれしい。

サンワサプライの7インチタブレット用カバーを使って携帯しています。軽くてうれしい。

会社の行き来でビデオ教材見るとかには最高の一台です。これが1万円前後の価格なんですぞ。恐ろしいですな。

会社の行き来でビデオ教材見るとかには最高の一台です。これが1万円前後の価格なんですぞ。恐ろしいですな。

使用感ですが、正直に申し上げると甘い面も多々あります。頼りないEIAJ#1電源コネクタや、どうも少しずれてるタッチパネル、そしてなによりコストダウンのためだろうかGoogle PlayやGoogleカレンダー非対応なのは、次期モデルまでにはどうにかしてもらわないとまずいだろう・・・
しかしこの価格。それを補って余りある面白さ。7インチタブレットってこんなにも使える代物なんですね。それを1万前後で堪能できるのは素晴らしい。
カスタムファームウェアを入れてみるくらいの冒険をしても許してもらえそうな円高還元価格だから、日本においては、どっちかというと初心者向けというよりも、腕のある人のサブマシン向けかもしれないですね。